若ハゲ辛い…【はげには絶望しか無い?】まずは受け入れることが大事!

「自分は若ハゲで本当に辛い…」

60代や70代のおじいちゃんになって髪の毛が薄くなるならまだしも、20代から30代前半の若い時期に薄毛になると居ても立ってもいられない気持ちになりますよね…

若ハゲは辛いけど、現実を受け入れよう【悩んでいても仕方ない…】

Twitterを見てみると、

「毎日が絶望でしかない」

「人生本当に辛い」

と若ハゲで悩んでいる投稿がたくさんあります。

若ハゲは個人の体質や遺伝が関係しているので仕方がない部分もあります。

ただ、20代や30代で髪の毛が薄いと、

若ハゲの弊害

  • 実年齢よりも老けて見られてしまう
  • 「気持ち悪い」「カッコ悪い」と、女性からネガティブなレッテルを貼られる
  • 周りの目が気になって堂々と生きられない

といった弊害があります。

「自分は薄毛だ」

と受け入れるのはとても難しく、物事全てに対してネガティブになってしまうのは普通のこと。

「なぜ自分だけ若ハゲで悩まないといけないのか…」

卑屈な生き方になるのも、仕方ないのかもしれません。

しかし、若ハゲが辛くても、まずは現実を受け入れることから始めるべきです。

なぜ若ハゲを受け入れるべきなのかというと、

若ハゲを受け入れるメリット

  • 物事をポジティブに考えられるようになって、その後の人生にも良い影響が出る
  • 薄毛に対するストレスから解放されて、余計に抜け毛が増えるのを防げる
  • 周囲の視線が気にならなくなって、他人と良好なコミュニケーションを取れるようになる
  • 「抜け毛をどう減らすか」「薄毛をどう対策するか」と、自分磨きに力を入れられるようになる

といった理由があります。

若ハゲで辛いのはわかりますが、現実を受け入れるしか道はありません。

「もう自分はダメだ…」

「どうせモテない…」

「何をやっても無理…」

などと悩んでいても仕方がないのです。

若ハゲでも、きちんと早めに対処すれば症状の回復が見込めるので、諦めずに努力する姿勢が大切です。

20代~30代の薄毛は珍しくない!

鏡を見て若ハゲだと気付くと、

「何で自分だけが苦しまなきゃいけないの?」

と感じてしまうかもしれません。

その気持ちは十分にわかりますが、20代や30代でAGA(男性型脱毛症)を発症するのは珍しくありません。

抜け毛や薄毛の症状は男女共通ですが、様々な研究で遺伝と共に悪玉の男性ホルモンが深く関わっていることが判明しています。

男性のAGA(男性型脱毛症)の年齢別発症率は、

男性の年齢AGAの発症率
20歳~29歳6%
30歳~39歳12%
40歳~49歳32%
50歳~59歳44%
60歳~69歳51%
70歳~79歳61%
全体の平均32%

のようになっています。

参考:気になる髪と年齢の関係(サントリー健康情報レポート)

早い人だと20代でAGAを発症し、年齢を重ねるにつれて発症率が上がっていくことがわかります。

20代や30代で薄毛になる男性の割合は意外と多く、あなただけが悩んでいるわけではありません。

「若ハゲ自体は珍しい症状ではない」

「自分と同じ悩みを抱えている男性がいる」

と考えれば、少しは心が楽になるのではないでしょうか。

若ハゲとの付き合い方

10代や20代でも発症する若ハゲは、

若ハゲの原因

  • AGAを発症してヘアサイクルを狂わせる、DHT(ジヒドロテストステロン)が増える
  • 食生活の乱れや睡眠不足など不規則な生活を送っている
  • 間違った頭皮ケアやヘアケアを続けている

のような原因が考えれます。

AGAの年齢別発症率の表を見ればわかる通り、20代~30代の男性でAGAを発症するのは不思議ではありません。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、ヘアサイクルの成長期を短くして休止期を長くする作用があるので、髪の毛が痩せ細くなって薄毛が進行していきます。

AGAを発症していなくても、

  • 不規則な生活習慣
  • 間違ったヘアケア

が引き金になって、抜け毛が増えたり薄毛が進行したりするので注意が必要です。

どのような原因で髪の毛が薄くなるとしても、若ハゲとの付き合い方を理解することから始めないといけません。

若ハゲとの付き合い方が間違っていると、

若ハゲが悪化する原因

  1. 若ハゲで思い詰めて必要以上に気にしてしまう
  2. 薄毛の悩みがストレスに変わって蓄積する
  3. ストレスが原因で血管が収縮して、頭皮の血行不良を引き起こす
  4. 毛母細胞に酸素や栄養素が行き渡りにくくなる
  5. 髪の毛の成長が阻害されて抜け毛が次第に増えていく

のように薄毛の症状が更に悪化する原因になります。

つまり、若ハゲを必要以上に気にすると負のスパイラルに陥りやすくなるわけです。

今の自分を否定し続けても何も変わらないので、薄毛でもかっこいい男性になれるように努力を積み重ねましょう。

若ハゲと闘う気があるならやってみな!【生えるかもよ】

若ハゲと闘う気があるなら、抜け毛や薄毛の症状が気になりだした段階で何かしらの対策を行うべきです。

AGA(男性型脱毛症)は特に、年齢を重ねれば重ねるほど症状がゆっくりと進行していきます。

薄毛が進行して頭皮がツルツルの状態になってしまうと、もう選択肢はクリニックで自毛植毛を行うしかありません。

逆に言えば、若ハゲも40代を超えてからの薄毛も、症状が悪化する前に対策をすれば髪の毛が生える確率はアップします。

若ハゲの対策で具体的に何をすべきなのかを紹介していくので、ぜひ一度取り組んでみましょう。

正しい頭皮ケアやヘアケアを行う

AGAを発症してから長い年月が経った男性と比べてみると、若ハゲで悩む20代や30代の方はそこまで薄毛の症状が進行していません

つまり、病院やクリニックで専門的な治療を受けなくても、自宅での対策で若ハゲの進行を抑えることはできます。

若ハゲは間違ったヘアケアや頭皮ケアで薄毛になりやすいため、まずはそれを見直すことから始めましょう。

正しいスカルプケア

  • 頭皮や髪の毛に負担の少ないアミノ酸系のシャンプー剤を使う
  • 正しい方法で洗髪して毛穴に詰まりやすい皮脂汚れを落とす
  • 頭皮や髪の毛にシャンプーの洗浄成分が残らないようにキレイに洗い流す
  • シャンプーの後にドライヤーで乾かして雑菌の繁殖を予防する

のように正しいやり方でヘアケアや頭皮ケアを行うと、髪の毛の成長を促すことができます。

太くて長い健康的な髪の毛を生やすには、健康な土壌のような頭皮を手に入れる必要があります。

そのために、シャンプーのやり方やドライヤーのかけ方にも気を配ってみましょう。

育毛剤を使用する

若ハゲの対策には、頭皮や髪の毛に良い有効成分が配合された育毛剤の使用も効果的です。

育毛剤は発毛剤とは違い、髪の毛を直接的に生やすような成分は含まれていません。

育毛剤と発毛剤の違いについては↓をご覧ください。

no image
発毛剤の真実【絶対生える発毛剤ってあるの?】

抜け毛や薄毛を改善するアイテムとして、発毛剤や育毛剤は役立ちます。 近年では男性だけではなく、女性も念入りにヘアケアを行うようになりました。 しかし、発毛剤と育毛剤は似ているようで大きな違いがあること ...

続きを見る

しかし、育毛剤は頭皮の血行を促したり頭皮環境を整えたりといった効果が期待できるので、脱毛の予防として欠かせないアイテムですね。

「若ハゲの症状がそこまで進行していない」

「毎日継続的なケアができる」

という場合には育毛剤が適しています。

若ハゲ対策で使う育毛剤の選び方の目安としては、

ポイント

  • 髪の毛の成長を促したり、頭皮の血行を促進したりする有効成分がしっかりと含まれている
  • 余計な人工添加物を除去して安全性の高い製品に仕上げている
  • 返金保証制度の採用で初めてでも安心して使用できる

などが挙げられます。

2度に渡るリニューアルでパワーアップした『イクオスEXプラス』は、この3つの条件全てに当てはまる育毛剤です。

テレビで紹介されたりHvO世界大賞を受賞したりと、『イクオスEXプラス』は抜け毛や薄毛で悩む方から高く評価されています。

若ハゲで悩んでいる20代や30代の男性にもピッタリの製品なので、薄毛の症状の進行を食い止めたい場合には試してみても良いかもしれません。

育毛サプリメントを飲む

若ハゲの対策には、育毛サプリメントの摂取もおすすめです。

育毛サプリメントの中には、

  • 「アミノ酸」
  • 「ビタミン類」
  • 「亜鉛」

など髪の毛に良い成分がバランス良く含まれています。

髪の毛の成長を促すに当たって栄養素の摂取は欠かせないので、育毛サプリメントが役立つというわけです。

他の薄毛の対策法と違い、育毛サプリメントには、

育毛サプリのメリット

  • 普段の食生活では足りない成分や栄養素を簡単に補うことができる
  • 自分に合う育毛サプリメントを選んで、毎日決められた量を飲むだけで良い
  • 若ハゲを対策していることが他人にバレにくい

のようなメリットがあります。

若ハゲを受け入れることができても、

「薄毛対策が友人や恋人にバレるのは嫌だ…」

と思いますよね。

育毛サプリメントは、育毛剤と同じでネット通販で購入して自宅で対策できますので、誰にも知られずに継続できます。

もちろん、育毛サプリメントだけに頼るのではなく、栄養バランスに気を配った食事を摂る努力も忘れないでください。

睡眠時間をしっかりと確保する

若い男性だと、仕事やプライベートなど忙しい生活を送っているケースが多く、寝不足が続いていたりします。

睡眠不足は、若ハゲの症状を悪化させる大きな原因になるので、睡眠時間の確保も意識すべきです。

睡眠時間を確保することで、

睡眠時間の確保の効果

  • 睡眠中に髪の毛を成長させる成長ホルモンが分泌される
  • 身体の回復に加えて精神面の回復にも繋がるため、ストレスを発散できる

のように、若ハゲ対策にも繋がります。

髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンは、午後10時から深夜2時に分泌量が増えるので、なるべくこの時間帯までに眠る生活リズムを身につけましょう。

ヘアスタイルで若ハゲを隠す

若ハゲ自体の対策ではありませんが、ヘアスタイルで薄毛を隠すのも効果的です。

例えば、ショートヘアにしたりオールバックにしたりすれば、頭頂部や前頭部のハゲをカモフラージュできます。

若ハゲを隠せば、

「他人に薄毛だと思われない!」

前向きに生きることができるでしょう。

若ハゲで悩んでいるなら、自分に合うヘアスタイルを探してみてください。

※↓コチラの薄毛が目立たない髪型7選を参考にしてみてください。

まとめ

若ハゲは本当に辛くて死にたくなることもありますが、思い悩んでいても前に進むことはできません。

若ハゲに対するストレスで更に薄毛の症状も悪化しやすいため、まずは現実を受け入れることが大事です。

育毛剤を使ったり育毛サプリを飲んだりと、脱毛を抑制して若ハゲの進行を遅らせることもできます。

今の自分に何ができるのか考えて、行動に移してみてください。

Copyright© 育毛会議 , 2020 All Rights Reserved.

あきらめたらそこで試合終了だよ…
育毛剤おすすめランキングを見る
あきらめたらそこで試合終了…
育毛剤ランキングを見る